祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

【任天堂プレイステーション】幻のゲーム機が発売されなかった歴史の背景

どうもasです。

 

先日アメリカ・ダラスを拠点とするオークションハウス『Heritage Auction』にて家庭用ゲーム機が36万ドル(日本円で約3,600万円)で落札されました。

 

『え?家庭用ゲーム機が3,600万円!?』と思うでしょう。

 

もちろん、普通のゲーム機ではありません。

 

本日はそんなとんでもない価格で落札された『幻のゲーム機』を紹介します。

 

任天堂プレイステーション

世間の日の目を浴びることなく消えていった幻のゲーム機。

任天堂プレイステーションとは?

任天堂プレイステーションとは、1990年代にスーパーファミコンの売れ行きが好調だった『任天堂』と当時、まだオーディオ機器メーカーとしてイメージが大きかった『SONY』が共同開発したスーパーファミコンとCD-ROMを一体化した家庭用ゲーム機です。

 

私も初めて任天堂プレイステーションと聞いた時は、『何を言ってるの?任天堂は任天堂で、プレイステーションはSONYで別物でしょ!?』と思いました。

 

しかしエイプリルフールのネタではありません。

 

これは本当に開発されていた幻の実機なんです。

 

なぜ発売に至らなかったのか?

ではこんな奇跡のコラボがなぜ実現しなかったのか?

実現していれば最強のタッグだったかもしれませんが、結果として実現しなかった理由にはいくつか説があります。

 

スーパーファミコンが圧倒的な人気だった

当時、次世代型の高性能ゲーム機がシェアを伸ばしていたゲーム機業界。

 

当時激しいゲーム業界の覇権争いをしていた1980年後半のゲーム機は下記のとおり。

 

メガドライブ(SEGA)

当時としては珍しかった16ビット機でCPUの処理性能が高く、映像の奥行やサウンドの性能では右に出るものはいなかった。

『時代が求めた16ビット』というキャッチコピーで16ビット機という事をゴリ押しした宣伝広告で話題に。

PCエンジン(NEC-HE)

8ビット機ながら、外付けの『PCエンジン CD-ROM2』により世界初の光ディスクを導入。

光ディスクにより、これまでのゲーム業界の常識を覆した高速・高性能で他を圧倒した。

 

NEO・GEO

1990年に入りすぐにこの激しいゲーム機争いに参入した同機はメガドライブに並ぶ16ビット機で『アーケードゲームと互換性のある家庭用ゲーム機』というコンセプト共に他の次世代ゲーム機を凌ぐ高性能を実現したが、高いのは性能だけではなく本体58,000円、ソフトが1本30,000円以上という一般家庭には到底手の出せない価格設定で苦戦を強いられる。

ファミリーコンピューター(任天堂)

言わずと知れた名機ながらも、次々とリリースされる次世代機に、1990年に入る頃には化石扱いをされており、ハードの弱さをマリオやドラクエ等の人気ソフトでカバーしながらなんとかシェアを守っていた。

 

上記4つのゲーム機の覇権争いになっていたが、満を持して1990年11月21日に遂に多くのユーザーが待ちわびたスーパーファミコンが登場。

 

また、スーパーファミコンのリリースと同時に任天堂が誇る最強コンテンツ『スーパーマリオワールド』を発売するという用意周到さで一気にシェアを伸ばしました。

 

すると任天堂に一つの考えが生まれました。

 

『スーパーファミコンだけでこれだけ戦えるのであれば、プレイステーションはいらないのでは?』

 

これが、幻のゲーム機が実現しなかった理由の一つと言われています。

 

 

方向性の違いや将来への不安

1992年1月に任天堂は突如プレイステーション計画を白紙に戻し、『スーパーファミコンCD-ROMアダプタ』はフィリップス社と共同開発することを発表しました。

 

この出来事にもまたいくつか説が存在し、『CD-ROMのライセンス料を全てソニーが得る契約だったのが気に入らなかった』とか『初めからCD-ROMを採用するつもりはなかった』とか、真意については明らかになっていませんが、当時の任天堂は今後ゲーム業界の主戦場がCD-ROMに移り変わることを予見し、もしそうなればソニーに派遣を奪われてしまうことを懸念したのではないかという見方もあるようです。

 

『あれ?でもスーパーファミコンって結局CD-ROMアダプタって出てなくない?』

 

そう、結局スーパーファミコンはフィリップス社との共同開発も白紙になり、最後の最後まで『スーパーファミコンCD-ROM』は幻のまま世間から忘れられていきました。

 

結局は任天堂の話題作りの一つだったんですかね(^^;?

 

30年の時を経て遂に日の目を

そんな世間からすでに忘れられていた任天堂プレイステーションが2020年2月14日に、冒頭でもお話しした通り『Heritage Auction』にて出品され、同年3月6日に36万ドル(日本円で約3,600万円)で落札されました。

 

1990年頃に試作品を200台ほど製造されたとされる同機は、現在199台は破壊され、残るはオークションに出品された1台のみだとか。

 

そんな幻のゲーム機がこちら。

 

 

さいごに

この計画が実現していたら、今のゲーム業界の勢力図はどうなっていたんでしょうね?

任天堂プレイステーション、是非プレイしてみたかったですが残念です。

 

しかし、任天堂に突然裏切られたプレイステーションは今やゲーム業界の1位2位を争う強豪となっています。

任天堂の逃がした魚はかなり大きかったんじゃないでしょうか?

 

それでは今日はこの辺で。
 
 
 
 
 

asblogの最新情報をチェックしよう!