祝!100記事達成!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

【面接突破率アップ】内定までの近道

どうもasです。

実はここ最近就活をしておりまして、色々と面接対策の勉強をしていました。

勉強した結果最終面接までは安定して進めるようになり、先日最終面接もついに突破しました!

 

内定をもらえたので私の就活は終わりましたが、就活の勉強の中で最終まではかなり高確率で進めるようになり、5社受ければ3社は最終まで進めるくらいになったので、現在就活で中々最終面接まで進むことができない方の為に、私が実際に経験をしてお勧めしたい就活攻略法を紹介していきたいと思います。是非参考にしてください。

 

最終面接までの攻略法

転職理由(現職から転職したいと考えている理由)

まずは志望動機と並んで必ず聞かれるこの質問ですが、実はこの部分が面接の突破率を上げるために一番重要な点になります。

転職理由からまず考え、そこを軸として、全ての質問への回答を考えていくことになります。なので、ここはしっかりと考えていく必要があります。

 

基本的には

1.自分はどうなりたいのか?
2.その為に何がしたいのか?
3.なぜ今の会社ではだめなのか?

と言うような構成にするといいと思います。

例えば、

「私は〇〇(自分の希望職種)のスペシャリストとして将来的には△△や××ができる人材になりたいと考えております。その中で現職では△△や××の分野は役員のみが行っており、そこに携われる環境がありませんので、よりステップアップできる環境を求め今回転職を考えました。」

と言った感じです。

勿論、この転職理由に合った会社に応募しなくては、「うちに来ても同じですよ?」と返されてしまいますので、会社が求めるポジションは自分の転職理由とマッチしているか募集要項をよく見るようにしましょう。

逆を言えば「正直就職できればどこの会社でもいいや」と言うような方は会社が求めるポジションに合わせて都度転職理由は変更することをお勧めします。

 

志望動機

続いて志望動機ですが、基本的には転職理由に沿った志望動機でなくてはいけません。

なので、現職では実現できなかったことが御社でなら実現できるということが説明できないといけません。

また、転職理由にもよると思いますが、自分のやりたかったことが実現できる会社はいくつもあると思います。その中でなぜ御社じゃなくては駄目なのか?という事も同時に志望動機として伝える事により、その会社への真剣度が伝わるでしょう。

あまり長々と話しても印象が良くないので、上記を踏まえて志望動機は2~3つでまとめるといいと思います。

例えば、

「志望動機は2つあります。
1つ目は、私は〇〇のスペシャリストとして、将来的には〇〇や△△等をできる人材になりたいと考えております。
その中で御社の求人の募集要項に××としての活躍が期待できる人材を求めているとされており、私のこの志向と合っていると判断したからです。
2つ目は、御社の事業に将来性と先見性を感じたからです。
現在、〇〇は、世界中で話題となっており、ここ日本でも△△の情勢のあおりを受けております。その中で、××の市場は年々拡大しており、近年では企業間の競争がすでに激化しておりますが、御社では20〇〇年からすでに□□市場へ参入をしており、この事業の将来性と御社の先見性を感じたからです。」

というような感じで、なるべく簡潔に志望動機とその志望動機の理由付けをしっかりとすると好印象でしょう。

また、志望動機と自分の転職理由の整合性が取れていることが最も重要になります。

なので、少しくらい転職理由と志望動機の内容が重複してしまうくらいでも特に問題はありませんし、逆に「転職理由と志望動機に一貫性がある」と判断してもらえる可能性が高いです。

 

職務経験の中で最も苦労したことは?

この質問も結構多かった気がします。

この質問はあなたが苦労したことを聞きたいわけではありません。
この質問の本質はあなたが苦労した、または大変だったことに対して「どう対処したか?」「何を学んだか?」

という事に面接官は興味を持っています。

この質者に対しての回答は、

1.最も苦労したことは何か?
2.その問題をどう乗り越えたか?またはその経験で何を学んだか?
3.その問題を切り抜けた時、または学んだことをその後に活かした具体的なエピソード

の順で話すと良いでしょう。

 

例えば、

「私が最も苦労したのは〇〇です。しかしその経験で△△の大切さを学びました。
~苦労したエピソード~
この経験を受けて、その後は××することで、翌年度以降は□□できるようになりました。」

と言った具合です。

捕捉ですが、管理職候補の面接だと、この質問の回答に対して「ほかのメンバーも同じ様にこの問題に対しての対応スキルは上がりましたか?またその為にあなたは何をしましたか?」なんて質問をしてくる面接官もいましたので、もしそのようなエピソードがあれば考えておくといいでしょう。

面接風景
asblogの最新情報をチェックしよう!