祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~YEAR/MONTH/DAY関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのYERA/MONTH/DAY関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

YERA/MONTH/DAY関数

年月日をそれぞれ別のセルに取り出したい時なんかは役に立ちます。

 

用途

  • 日付から年月日の数値を取り出す。

 

基本形

=YEAR(シリアル値)

=MONTH(シリアル値)

=DAY(シリアル値)

 

 

使用例

年月日を分解する

  • B2セルはA2セルの『年』を取り出しています。
  • C2セルはA2セルの『月』を取り出しています。
  • D2セルはA2セルの『日』を取り出しています。

 

このようにYEAR関数は日付の西暦を、MONTH関数は日付の月を、DAY関数は日付の日をそれぞれ取り出します。

『-(ハイフン)』や『年、月、日』『.(ピリオド)』でも、日付と認識されている形式であれば、『西暦年』『月』『日』を整数で取り出します。

日付と認識される形式の詳しい説明は『Excel関数大全!~日付/時刻計算方法~』をご覧ください。

 

ワンポイント

取り出した値は全て整数になります。

 

 

スケジュール表を作成する

本日日付をもとに、年と月をタイトルにしたスケジュール表を作成します。

それぞれB1の『本日日付』をシリアル値に指定して、関数の後にそれぞれ&で『年』と『月』をつなげます。

関数に文字をつなげる場合は、つなげたい文字を『”(ダブルクォーテーション)』で挟みます。

 

本日日付に任意の日付を入力すれば、自動的にタイトル年月も変わります。

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!