祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~VAR.S(VAR)/VARA関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのVAR.S(VAR)/VARA関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

 

VAR.S(VAR)/VARA関数

用途

VAR.S関数は、指定した範囲内に含まれる数値の分散を求めます。VARA関数は指定範囲内に含まれる空白以外の値の分散を求めます。VAR関数はVAR.S関数の互換関数です。

 

基本形

=VAR.S(数値1[,数値2,…,数値N])※N=1~255

=VARA(値1[,値2,…,値N])※N=1~255

 

分散とは

分散とは、ある一つのデータ群のばらつき具合を示す数値です。平均値と個々の数値にどれくらいばらつきがあるかを求め、ばらつきが多ければ多いほど数値が大きくなります。

 

 

使用例

データの分散を求める

上図のデータ1とデータ2は『平均値・中央値・最頻値』が全く一緒で、ぱっと見同じようなデータですが、データの分散を見ると数値が違います。

この結果からデータ1の方が平均値に収束したデータ群で、データ2の方がばらつきのあるデータ群であることがわかります。

 

 

VAR.S(VAR)/VARA関数の注意点

VAR.S(VAR)/VARA関数の様々な注意点について解説します。

 

指定範囲(数値、値)について

数値及び数値の入ったセルやセル範囲を指定します。

連続したセルを指定する際は『:(コロン)』をデータの始セルと終セルで挟みます。また、不連続のセルを指定する際は、指定したいセルとセルを『,(カンマ)』で区切ります。

 

 

VAR.S(VAR)関数・VARA関数に含まれる値について

VAR.S(VAR)関数に含まれる、『文字』『論理値』『空白セル』は無視されます。数値にエラー値が含まれる場合は結果はエラーになります。

VARA関数に含まれる、『空白セル』は無視されますが、『文字』『論理値』は数値としてみなされます。『文字』と『論理値FALSE』は『0』、『論理値TRUE』は『1』としてみなされます。数値にエラー値が含まれる場合は結果はエラーになります。

 

 

VAR.P関数について

VAR.S(VAR)関数やVARA関数の類似関数で『VAR.P関数』や『VARPA関数』という関数があります。

データ群の平均値から各数値の差の絶対値のことを『偏差』と言い、データの分散を求める際、VAR.S(VAR)関数とVARA関数は『各データの偏差の2乗÷(データ数-1)』で求めます。

一方、VAR.P関数とVARPA関数は『各データの偏差の2乗÷データ数』で求めます。

 

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!