祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~SUM関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのSUM関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

 

SUM関数

Excel関数の中では基本中の基本であるこの関数です。

 

多くの方はこの関数の基本的な使い方は知っていると思いますが、実は応用的な使い方もあって、完璧に使いこなせていない人も実はいるんじゃないでしょうか?

用途

指定した範囲の数値の合計を求めます。

 

売上合計や家計簿の収支計算など、幅広い用途で使える関数です。

 

基本形

=SUM(数値1,[数値2,・・・,数値N]) ※N=1~255

ワンポイント

  • 『数値 』の部分には合計したいセルを入力します。
  • 最大255の数値を指定できます。

 

使用例

連続したセルの集計

SUM関数の最も基本的な使い方になります。

 

 

C7セルでC2~C6セルの合計(販売数量の合計)を、D7セルでD2~D7セルの合計(売上金額の合計)を集計しています。

連続するセルの数値を集計する場合は始セルと終セルの間に『:(コロン)』を入れます。

 

 

不連続セルの集計

集計したいセルが飛び飛びの場合の使用例です。

 

 

D14セルでD7セルとD13セルの合計、E14セルでE7セルとE13セルの合計を集計しています。

不連続のセルを集計する場合は集計したいセルをそれぞれ『,(カンマ)』で区切ります。

 

指定したセルに任意の数値を足す

集計した数値に一定の数値を足す場合。

 

DセルでD2セル~D4セルの合計を集計して、そこに送料550円を固定値で足しています。

 

複数シートにまたがるセルの集計(串刺し集計)

複数シートにまたがる同一セルを集計する場合です。

 

 

支店A(赤シート)、支店B(黄シート)、支店C(緑シート)の数値を支店計(紫シート)に集計します。

 

注意

全てのシートの表の形や項目の位置は必ず揃えてください。

手順1

あらかじめ用意した集計用のシート(今回は紫色のシートを例にします)のB2セルに下図のように入力します。

 

 

手順2

支店Aのシートをクリックして選択し、支店計と同様のB2セルをクリックして選択します。

 

 

手順3

『Shift』キーを押しながら『支店C』シートをクリック。

 

 

『Enter』キーを押して完了。

 

手順4

すると『支店計』のシートに下図のような関数が入力され、それぞれのシートB2セルの合計が表示されます。

 

手順5

最後にB2セルの関数をコピーして残りのセルに貼付。

 

 

貼付する際は数式のみを貼付してください。

 

数式のみの貼付がわからない場合は?

Ctrl + Alt + V → F → Enter

を押せば数式のみの貼付ができます。

豆知識

SUMのショートカットキー

『Shift + Alt + =』を押すと自動で最適な範囲のSUM関数が入力されます。

 

 

範囲内のエラー

SUM関数の範囲内にエラー値(#VALUE!、#N/A、#DIV/0!等)が含まれる場合はSUM関数の計算結果も同じエラーになります。

 

 

串刺し集計

前項で紹介した串刺し集計は飛び飛びのシートの集計はできません。

 

 

さいごに

以上、本日はSUM関数について紹介していきました。

 

いかがでしたか?

 

もし一つでも皆さんの知らないSUM関数の使い方が紹介できていれば良いなと思います(^-^)

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

 

 
 
 
 
 

asblogの最新情報をチェックしよう!