祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~MROUND関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのMROUND関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

MROUND関数

MROUND関数は、その関数一つで、CEILING関数やFLOOR関数の機能を果たす関数です。用途に合わせて使い分けましょう。

用途

数値を指定した基準値の倍数になるように切り上げたり、切り捨てたりします。数値を指定した基準値で割った余りが基準値の半分以上なら切り上げ、半分以下なら切り下げます。

 

基本形

=MROUND(数値,基準値)

 

 

使用例

切りの良い数値にする

上図では基準値を『50000』に指定しています。数値(売上)を基準値(50000)で割った時の余りが『25000以上』の場合は切り上げてCEILING関数と同じ結果、『25000未満』の場合は切り捨ててFLOOR関数と同じ結果になります。

 

 

MROUND/CEILING/FLOORの違い

MROUND関数は基本的にCEILING関数、FLOOR関数と同じ結果になりますが、上図の緑の枠で囲んだ箇所で分かるように、『数値が負の数で基準値が正の数の場合』、『基準値に論理値を指定した場合』ではCEILING関数、FLOOR関数と異なる結果になります。

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!