祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~MIN/MINA関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのMIN/MINA関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

 

MIN/MINA関数

MIN関数とMINA関数で微妙に使い方が違います。

 

用途

データの最小値を求めます。

 

日程の初日を調べたりできます。

 

基本形

  1. =MIN(数値1[,数値2,…,数値N])※N=1~255
  2. =MINA(値1[,値2,…,値N])※N1~255

 

ワンポイント

  • 最大255個の数値を指定できます。
  • MIN関数は指定範囲内の数値の最小値を求めます。
  • MINA関数は指定範囲内の空白以外の最小値を求めます。

 

 

使用例

日付の最小を求める

 

B3~D8セルの中で一番小さな数値を求めます。

 

日付は『1900年1月1日』を『1』としてそこから1日増えるごとに数字が1ずつ増えていきますので、その数字が小さいほど小さな数値という事になります。

 

ワンポイント
  • 連続するセルの数値を指定する場合は始セルと終セルの間に『:(コロン)』を挟みます。
  • 不連続のセルを指定する場合は『,(カンマ)』で区切ります。

 

 

MIN関数とMINA関数の使い分け

MIN関数とMINA関数は使い方に微妙な違いがあります。

①指定範囲内に0より小さい値が含まれる場合は同じ結果になります。

②B4~B8セル(『0.5』、『=””』、『TRUE』、『FALSE』、空白セル)を範囲にしています。

MIN関数は数値以外を無視するので最小値は『0.5』となります。

MINA関数では空白以外は全て数値とみなされますので、『=””』『FALSE』は『0』とみなされ、『TRUE』は『1』とみなされるので、この場合最小値は『0』となります。

③指定範囲内にエラーが含まれる場合は指定範囲内と同じエラーになります。

 

 

上限額を設定する

 

  1. インセンティブの上限額を範囲指定しています。
  2. インセンティブの計算基礎に基づく計算結果を範囲しています。

 

このように関数を入力すれば、設定した上限値を超えることなくインセンティブを計算することができます。

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!