祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~DPRODUCT/DVAR/DVARP/DSTDEV/DSTDEVP関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのDPRODUCT/DVAR/DVARP/DSTDEV/DSTDEVP関数の一挙に5つの関数について解説していきます。

 

データベース関数の基本的な使い方については『Excel関数大全!~データベース関数の基本~』で紹介しているので、基本的な使い方がわからない方はまずこちらをご参照ください。

 

それではいってみましょう~。

 

 

DPRODCUT関数

PRODUCT関数のデータベース関数です。

用途

指定したデータベース内から、任意の条件に合うデータ行を探し、指定した列(フィールド)の積(掛け算)を計算します。

 

 

使用例

条件に合う行の指定したデータの積を計算する

上図ではデータベースを社員名簿(A6:D16)、フィールドを年齢(C6)、条件を条件表(A2:D3)に指定しています。

条件に一致する行を『1』、反対に一致しない行を『0』とみなし、最後にフィールドの年齢を掛けています。よって、年齢を求めることができます。

 

 

DVAR/DVARP関数

VAR.S/VAR.P関数のデータベース関数です。

用途

指定したデータベース内から、任意の条件に合うデータ行を探し、指定した列(フィールド)の分散を求めます。DVARP関数は母集団と見なした分散を求めます。

 

使用例

条件に合う行の指定したデータの分散を求める

上図ではデータベースを営業成績(A6:F16)、フィールドを営業件数(E6)、条件を条件表(A2:F3)に指定しています。

性別が『男』で且つチームリーダーが『村上』に該当する人を1つのまとまりとする営業件数の分散を求めています。

 

 

DSTDEV/DSTDEVP関数

STDEV.S/STDEV.P関数のデータベース関数です。

用途

指定したデータベース内から、任意の条件に合うデータ行を探し、指定した列(フィールド)の標準偏差を求めます。DSTDEVP関数は母集団と見なした標準偏差を求めます。

 

使用例

条件に合う行の指定したデータの標準偏差を求める

上図ではデータベースを営業成績(A6:F16)、フィールドを営業件数(E6)、条件を条件表(A2:F3)に指定しています。

性別が『男』で且つチームリーダーが『村上』に該当する人を1つのまとまりとする営業件数の標準偏差を求めています。

 

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!