祝!100記事達成!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~COUNTBLANK関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのCOUNTBLANK関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

 

COUNTBLANK関数

COUNT系関数の一つです。

 

COUNTAの対照的な関数です。

 

用途

COUNTA関数とは対照的に空白セルの個数を求めます。

 

イベント参加者の参加費未納者を集計したりできます。

 

基本形

=COUNTBLANK(範囲)

 

ワンポイント

  • 複数のセルや複数のセル範囲を指定することはできません。

 

 

使用例

イベント参加者の参加費未納者を集計する①

COUNTBLANK関数の基本的な使い方です。

 

 

  1. 『=COUNTBLANK(C3:C9)』でC列の空白の個数(参加費未納者数)を求めます。
  2. COUNT/COUNTA関数の使い方についてはこちら

 

イベント参加者の参加費未納者を集計する②

空白が『””』の場合も計数できます。

 

 

  1. 『=IF($G$2-C3=0,””,$G$2-C3)』で参加費30,000円を全額払っていない人の未納金額を求めます。
  2. 『=COUNTBLANK(D3:D9)』で参加費払済人数(セルの値が『””』の人)の個数を求めます。
  3. COUNT/COUNTA関数の使い方についてはこちら

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!