祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~COUNT/COUNTA関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのCOUNT/COUNTA関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

COUNT/COUNTA関数

COUNT系関数の基本となります。

 

使い方次第ではなかなか汎用性の高い関数です。

 

用途

指定したデータの個数を求めます。

 

イベント等の参加者の集計などに使えます。

 

基本形

=COUNT(値1,[値2,…,値N)※N=1~255

=COUNTA(値1,[値2,…,値N)※N=1~255

 

ワンポイント

  • COUNT関数は指定した範囲内の数値の個数を求めます。
  • COUNTA関数は指定した範囲内の空白以外の値を求めます。

 

使用例

イベントの参加者数と参加費の払い込み人数を求める

COUNT関数とCOUNTA関数の使い分けの例です。

 

 

  1. 『=COUNTA(C3:C9)』でC列の空白以外の個数(〇が入力されているセルの数)を求めています。
  2. 『=COUNT(D3:D9)』でD列の数値の個数(数字が入力されているセルの数)を求めています。

 

 

連続したセル/不連続セル

指定した範囲が連続したセルの場合と不連続(飛び飛び)セルの場合の使い方です。

 

下図はCOUNTA関数を使用していますが、COUNT関数の場合も同様です。

 

 

  1. 連続するセルの値の個数を求める場合は始セルと終セルの間に『:(コロン)』を入れます。
  2. 不連続のセルを値の個数を求める場合はセルをそれぞれ『,(カンマ)』で区切ります。

 

豆知識

COUNTA関数の対象値

COUNTA関数で計数をできる対象値は下記のとおりです。

 

  • 数値
  • 日付
  • 時刻

 

反対にCOUNT関数で計数のできない値は下記のとおりです。

 

  • スペースキーで入力した空白文字
  • 文字
  • エラー値
  • 論理値

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!