祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~ROUND/ROUNDUP関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのROUND/ROUNDUP関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

 

ROUND/ROUNDUP関数

端数を操作する関数でこのほかにROUNDDOWN等ありますが、それはまた別の記事で紹介します。

 

用途

  • ROUND関数は数値を指定した桁数で四捨五入にします。
  • ROUNDUP関数は数値を指定した桁数に切り上げます。

 

基本形

  1. =ROUND(数値,桁数)
  2. =ROUNDUP(数値,桁数)

 

ワンポイント

  • 桁数は小数点を『0』とし、小数第一位が『1』、第二位が『2』と続き、反対に一の位は『-1』、二の位は『-2』と続きます。
  • 桁数は指定した桁未満の桁を処理することを指しています。(例えば桁数を『0』とした時は、小数点第一位以下の数値を端数として処理します。)

 

 

使用例

割引後価格の端数を処理する

この場合、桁数を『0』にしているので、小数点第一位の数値を見ています。

ROUND関数では小数点第一位が5以上の時は繰り上げ、5未満の時は繰り下げます。

ROUNDUP関数では小数点第一位の数値が0を超える場合は全て繰り上げとなります。

 

 

数値、論理値、空白、文字の返り値

ROUND関数とROUNDUP関数の返り値は繰り上げか四捨五入か以外は同じになります。

 

  1. 指定した桁数で繰り上げ、または四捨五入します。
  2. 論理値の場合は『TRUE』を『1』、『FALSE』を『0』とみなします。
  3. 空白の場合は『0』とみなします。
  4. 文字の場合は『#VALUE!』エラーになります。

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!