祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

Excel関数大全!~MAX/MAXA関数~

どうもasです。

 

本日はExcelのMAX/MAXA関数について解説していきます。

 

それではいってみましょう~。

 

MAX/MAXA関数

MAX関数とMAXA関数で微妙に使い方が違います。

 

 

用途

データの最大値を求めます。

 

日程の最終日を調べたりできます。

 

基本形

  1. =MAX(数値1[,数値2,…,数値N])※N=1~255
  2. =MAXA(値1[,値2,…,値N])※N1~255

 

ワンポイント

  • 最大255個の数値を指定できます。
  • MAX関数は指定範囲内の数値の最大値を求めます。
  • MAXA関数は指定範囲内の空白以外の最大値を求めます。

 

 

使用例

日付の最大を求める

B3~D8セルの中で一番大きな数値を求めます。

 

日付は『1900年1月1日』を『1』としてそこから1日増えるごとに数字が1ずつ増えていきますので、その数字が大きいほど大きな数値という事になります。

 

ワンポイント
  • 連続するセルの数値を指定する場合は始セルと終セルの間に『:(コロン)』を挟みます。
  • 不連続のセルを指定する場合は『,(カンマ)』で区切ります。

 

MAX関数とMAXA関数の使い分け

MAX関数とMAXA関数は使い方に微妙な違いがあります。

指定範囲内に1より大きい値が含まれる場合は同じ結果になります。

B4~B8セル(『0.5』、『=””』、『TRUE』、『FALSE』、空白セル)を範囲にしています。

MAX関数は数値以外を無視するので最大値は『0.5』となります。

MAXA関数では空白以外は全て数値とみなされますので、『=””』『FALSE』は『0』とみなされ、『TRUE』は『1』とみなされるので、この場合最大値は『1』となります。

指定範囲内にエラーが含まれる場合は指定範囲内と同じエラーになります。

 

 

MAX関数の便利な使い方

ここまで紹介してきましたが、いまいちMAX関数の使いどころがわからない方にはVLOOKUP関数と組み合わせたMAX関数の便利な使い方がありますので、『Excel関数活用術!VLOOKUPで行間を詰める方法』も是非参考にしてみてください。

 

 

まとめ記事

Excel関数のまとめ記事です。

 

是非参考にしてください(^-^)

 

     

asblogの最新情報をチェックしよう!