祝!100記事達成!!平日毎日更新中!!テーマにしてほしい内容等ありましたらお問合せフォームからメッセージください(^^)

日本の行政機関「省」を簡単解説!あなたは日本の省を全て知ってますか?~後編~

前回に引き続き日本の「省」について簡単な説明をしていきましょう。

前編をまだ読んでない方は目次のリンクから前編から是非読んでください。

日本の行政機関「省」を簡単解説!あなたは日本の省を全て知ってますか?~前編~

 

農林水産省       


農林水産省の働きは下記の通り

食料の安定供給、農林水産業の発展、森林保全、水産資源の管理等を所管する[3]日本語略称は農水省(のうすいしょう)。

引用:Wikipedia

簡単にいうと、日本の農業、水産業、林業の安定と発展のためにサポートする働きです。

もう少し具体的に言うと、日本の食材の安全面の管理や、労働力が不足している農業のサポート、日本の食材を世界へアピールして販路を確保したり、植林や稚魚を海へ放流などをして日本の農業、水産業、林業をサポートしています。

最近世間で騒がれている食品ロス問題についても、この農林水産省が主導で取り組んでいますね。

 

経済産業省       


経済産業省の働きは下記の通りです

経済産業の発展および鉱物資源エネルギー資源に関する行政を所管する[3]日本語略称は経産省(けいさんしょう)。

引用:Wikipedia

経済・産業面では日本国内の経済や産業が発展するよう、輸出入の管理や、貿易のルール作り、国内企業の新しい技術やサービスの開発・研究をサポートしています。

また鉱物・エネルギー資源面では、資源の輸入先の管理や、リサイクル政策や省エネ政策の整備などを行っています。

身近なニュースだと、昨年10月の消費税増税に伴う、キャッシュレス決済のポイント還元制度なんかは、この経済産業省の主導で行っていますね^_^

豆知識 キャッシュレス決済ポイント還元制度はいつまで?
上述の消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度は”2020年6月30日”となっています。
是非とも延長していただきたいものです^_^

国土交通省       


国土交通省の働きは下記の通りです

国土の開発・保全、交通気象業務海上の保安・治安維持業務を所管する[3]日本語略称は国交省(こっこうしょう)。

引用:Wikipedia

国の土地を管理し、都市開発等の区画整備を主導して行ったり、道路、鉄道、IT会社の基盤等インフラ周りの整備、国民の住居の安全性を高めるための法案の立案、国の地価を調査したり等をしています。

リニアモーターカーの工事や、レオパレスの施工不良問題等で話題に挙がる建築基準法の整備等も、この国土交通省が主導して行っています。

豆知識 レオパレス施工不良問題の今は?

2018年4月に問題になったレオパレスの同問題は、その後の調査で施工不良建築が約3万棟あると発覚し、損益分岐である入居率80%を割り込み、令和元年4~12月期連結決算は、最終損益が241億円の赤字となりました。
今後は株主との対立や約3万棟ある施工不良物件についてどう対応するかが注目されています。

環境省         


環境省の働きは下記の通りです

環境の保全・整備、公害の防止、原子力安全政策を所管する[3]

引用:Wikipedia

昨今、世界的に環境問題について取り上げる国が増えてきて議論されていますが、そこで活躍するのが環境省です。

主な仕事内容は、企業の製品開発・製造が環境へ与える影響の調査や、各国との環境面での条約の交渉・協力、CO2削減、生態系の保護、放射能の除染等です。

また、国立公園を運営しているのもこの環境相ですね。

最近では、小泉進次郎さんが環境大臣に任命されたことで注目を集めていますね^_^

 

防衛省         


自衛隊の管理、運営、日米安全保障条約に係る事務等を所管する[注 2]

日本では「防衛省」だが、英称は他国の国防省と同じである。

引用:Wikipedia

防衛省は国防・災害救助・国際貢献の3つを基軸に、自衛隊の運営、自然災害や火災、海難・航空事故等の救助活動の為の自衛隊派遣や、海外の大規模災害発生時の救助活動等が主な仕事です。

最近のニュースだとオーストラリアの大規模火災時の自衛隊派遣や、新型コロナウイルスの感染者が確認されたダイヤモンド・プリンセス号に医官5名と自衛隊員40名を派遣したことがニュースになっていましたね。

豆知識 オーストラリア大規模火災
最近ニュースでもこの話題が多かったと思いますが、現在も続くこの火災の2月3日現在の被害状況は下記の通り
・消失面積-10万平方km以上(およそ日本の面積の3分の1)

・死者-33人
・被害額-推定1,000億円
また、この火災によりオーストラリア全土で10億匹の野生動物が亡くなったという推計も出ています。
早く完全鎮火するといいですね。

最後に         


いかがでしたでしょうか?

各省の説明を細かくしていくとそれだけで1つの記事が書けてしまうほど、色々な役割を担っているので、今回の内容はかなり簡略化して説明しました。

また、各省の管轄の「庁」についてもいつか記事にしてみたいです。「省」以上に膨大な記事数になりそうですね^^;

他にもこうゆうことを調べてわかりやすく説明してほしいというご要望がございましたら、コメント欄にてメッセージを頂けたら、記事の内容の参考にさせていただきますので、よろしくおねがいします^_^

 

 

今日はこのへんで。

国会議事堂
asblogの最新情報をチェックしよう!